谷将貴のゴルフレッスン フォロースルー


画像はゴルフシンプル理論より

 

「左ヒジが引ける・手を返す・右肩が上がる

 この3つがフォロースルーのミス」

 

フォロースルーを意外と軽視する人がおられます

打った後なので、あんまり関係ないという意見もありますが、
フォロースルーを修正したら、インパクトが治ったという人も少なくありません

 

フォロースルーでやりがちな失敗のポイントは3つ

ちょっと意識するだけで、インパクトが格段に良くなる可能性があります
ぜひ試してみてください

フォロースルーがよく分かる動画があります(谷将貴のスイング)
※ 動画はリンク先のページを、少し下にスクロールしてください

 

 

間違ったフォロースルー 3つのポイント

1.左ヒジが引ける
左腰のまくりが足りないため、左サイドが詰まる

2.手が返ってしまう
左ヒジを締めすぎると、手が返ってしまう

3.右肩が上がる
ボールを当てに行って、手打ちになっている

 

フォロースルーの問題点を治すための解決策は2つ

解決策1:フォロー2秒止め

フォロースルーの姿勢を取って、2秒間止めてみましょう。

そのときの状態を理想的なフォロー(プロなど)と見比べて、
それに近づけるようにイメージします。

これを繰り返して、体に正しいフォロースルーの形を染み込ませます。

 

解決策2:フォローしてから戻して打つ

手順としては

1.いったんフォロースルーまでクラブを振って止める

2.ハーフウェイバックまでクラブを戻す

3.インパクト

4.フォロースルー

この素振りを続けてみましょう。正しいフォロースルーが身につきます。

 

フォロースルーを矯正して、全体のスイングは変わったか?

スイングは全体を通して、一連の流れ
フォロースルーだけが修正できても、キレイなスイングは作れません

そろそろ本気でスイング改造をしてみませんか?(サンプル動画あり)

 

 

<<ひとつ前のレッスン

 

サイトコンテンツ

参考:谷将貴のデジタルスイング革命